サックス隊 いろいろ ブログ

カテゴリーアーカイブ

2017.07.28

ロングトーン🎷の持続時間とアンブシュア

ロングトーン🎷の持続時間とアンブシュア 

 ロングトーンの持続時間についての第三の考察です。
前回と同様、先生方や隊員の皆さんのコメント、感想をお待ちしています。

 前回はロングトーンの持続時間とラウドネスの関係を「アンブシュア」一定の
条件で考えました。この条件下でラウドネスを小さくすると(音量をpp~p )
持続時間は短くなるというのが結論した。お試しになられた方は「あっ本当だ」と
実感されつつも、何故??と思われたのではないでしょうか。
(この話は、物理学的にも深いので、いつかまた取り組みたいです。)

 今回は、適当なアンブシュアで mf の音量で吹き(パネルB状態)、アンブシュアを
よりタイト(例えば下唇がリードに加える力を増やす)にするとどうなるかを
パネルB' に示しました。計算は易しいですが、実施は大変(どう大変なのかは別稿で)。

 パネルB' 状態では、音の波の振幅が減りラウドネスは mf --> p と低下します。
これはパネルA状態と同じですが、マッピを通り過ぎる空気の流量(毎秒立米)の
平均値はずっ〜と低いので、ロングトーンの持続時間は長く、総てのパネルのなかで最長です。

 パネルBの状態からアンブシュアを変えずに口腔内圧を下げてパネルA状態にした場合も、
音量は mf --> p と低下しますが、パネルAでは、持続時間は短く、総てのパネルのなかで最短です。

 パネルB' 状態とパネルA 状態では、音量が同じですが、音色が違って聴こえます。
二つの音の吹き方があることは、これまでには意識したことがありませんでした。
音色を意識した2週間でした。どちらの音色も、練習しているうちに、それぞれに好きになりました。

 メグムン先生、コメント有り難うございました。とても参考になっています。
埋め込み画像 2
 

2017.07.15

ロングトーンの持続時間とラウドネス📢

ロングトーンの持続時間 再考
 暑い🌞三連休になりそうですが、如何お過ごしですか。
5月7日にロングトーン🎷の持続時間に
ついて書きましたが、その後、気が付いた
ことがあります。Z&M先生や隊員の皆さんの
経験やコメントをお待ちしています。

 ロングトーンの持続時間は
持続時間=肺活量 x リードのしなりやすさ 
÷ マウスピースのティップオープニング 
÷ リード振動面の面積
ですが、この時は計算を楽にするために
「ピアニシッシモ(ppp)」で吹く事を前提にしました。
 もっと大きい音では下の図のようになり、pで吹くと(左)
空気の流れの時間平均は大きく、mfでは(中央)半分近くに
減ります。ffでも(右)時間平均は小さいようです。
 より大きい音で吹いた場合は、持続時間は長くなり、
ほぼ2倍になることになります。意外ですね!

 私は長続きさせる為になるべく小さい音で
吹いていましたが、逆でした💦

 pppで吹けることは大切な努力目標なのですが、
ロングトーンを長時間持続させるには、より厳しい条件に
なるということでしょうか。
埋め込み画像 1

ブログ内検索

ザッキー&メグムンとサックスが吹き隊

■ 隊員は30名弱
■ 男性と女性、同人数くらい
■ 懐メロ好きなちょっぴり高年齢
■ 演奏より楽しむことが優先?
■ アルトの勢力強し!
■ Sop,Ten,Bari 絶賛募集中!

検索

ページの先頭へ